30歳のころ、親に100万を借りることに。。。

事の発端は生活苦。手取り給料30万前後に対し、生活費は40万円程度使っていることがわかったそれまでは、貯金を崩しながらも生活していたのだが、ある日のころの貯金が20万くらいしかないことに気づき、あせりました。

そして、お金を借りたのは2人目の子供の出産のタイミング。

ただし、月に10万近く足りないのにすでに1年以上経過したのですが、やはりお金はなくなりました。

親は住宅の購入資金に1000万円以上の援助はしてくれたのですが、さらに生活が苦しいからお金を貸してほしい等とは、恥ずかしくて言えません。

金融機関から借りることも現在は検討中ですが、なによりお金が足りない一番の原因は私の収入がたりないこと。

そこで、妻にパートに出てほしいと懇願したものの、周りの目が気になるようで『うちにお金がなくなったかた、パートに出たって近所に噂されるから働きたくない』とのこと。

周りの目と自分の子供の生活どちらが大事なのかもわからないおろかな話です。

ただし、現実にお金はたりないので、どうすればよいのやら。。。子供の学資保険やら自分の生命保険やら住宅ローン等でお金は減るばかり。

今後は、地道にネット副業で小遣いかせぎをしつつ、妻にも働いてもらい借金を減らしていく予定です。