離婚してから一年間はほとんど何もする気がおきず、惰性で生きているような感じで、ろくに働きもしていませんでした。

当然貯金はすぐに底をつき、生活できないようになってきました。そして父からしょっちゅうお金を借りていたのです。

ただ何もしていない事がばれてしまうと、父も貸してくれなくなるので、何月何日に就職活動でどこどこを受けて、交通費がいくらかかり、食費としていくら必要であるという事をまとめて、メールで提出しなければならなかったのです。

そこで私は、行ってもいない企業に面接に行って、交通費はいくらかかったという感じで、嘘の報告をして、自分は家でだらだらしているという、非常にダメな人間っぷりを発揮していたのです。

建前上は借りたという事になっていますが、父は忘れっぽいため、すぐに忘れてしまうだろうと考え、踏み倒してしまおうという悪い考えも浮かんでいました。

しかしそういった生活が一年以上続き、これといってすることもなくなり、更には自分でも自分に嫌気がさしてきて、心を入れ替えて働く決意をしました。

そして今は、父に借りたお金を、働きながらちょっとずつ返している状態です。

借りたものはちゃんと返さないといけないという、当然な事をしているだけなのですが。