我が家は主人と共に個人事業主として働いているのですが、景気の悪さも影響して収入がそのまま支払いに回る、いわゆる自転車操業のような毎日を過ごしています。

毎月、事業の支払いと生活費で赤字が続き、私の個人年金から契約者貸付でお金を借りてしのいできたのですが、10万借りて4万返して...という感じでどんどん借金が増えてきました。

とうとう現在借りられる満額まで(100万円ちょい)借りてしまい、来月の支払いがパンクするというところまで来てしまいました。

40代前半、結婚して子供ができて家計は火の車、妻は二人の子育てに私は仕事にという毎日が忠実していた時でした。

家族でキャンプするならばとワゴン車がほしくなり、お金をかき集めても不足しているため、西日本シティ銀行から車の金を借りて買いました。

それまで、妻は軽に乗っていました。妻はなぜかいつも新車です。これもホンダのカーローンで借りました。しかし、私は妻の車の支払いなどからそれまでは中古専門でした。

離婚してから一年間はほとんど何もする気がおきず、惰性で生きているような感じで、ろくに働きもしていませんでした。

当然貯金はすぐに底をつき、生活できないようになってきました。そして父からしょっちゅうお金を借りていたのです。

ただ何もしていない事がばれてしまうと、父も貸してくれなくなるので、何月何日に就職活動でどこどこを受けて、交通費がいくらかかり、食費としていくら必要であるという事をまとめて、メールで提出しなければならなかったのです。

私は現在大学生です。今年の夏に友人と旅行に行くことになり、ざっとプランを立ててみたところ必要経費がおよそ10万円ほど。

予定日までまだ2カ月ほどあるものの残りの給料日の回数はたったの2回、これで10万の貯金は無理そうなので銀行のカードローンを試してみることにしました。

ちなみに誘った友人の中に「自分も行きたいけどお金の用意が...」という人がいたので一緒に申し込みをしてみました。

私は現在中国地方でサラリーマンをしているのですが親に借金が500万ほどあります。

いつもは朝から晩まで忙しく働いているのですが休みの日になるとギャンブルをする趣味があるためにだんだんと自分のお金では遊べなくなり親に借りることになりました。

大学時代に留年をしてしまいいい会社に入れなかったのでなかなか満足いく手取りがもらえないのでどうしてもストレスがたまってしまい自分の身の丈に合わない金額を賭けてしまいいつも後悔しています。

若い頃には失敗が付きものだと良く言いますが、まさにその通りだと個人的には思います。

人生を長く生きていれば経験も豊富なので色んなことに対して上手く対処できますが、経験が乏しい若者の場合は間違ったことをしてしまうケースも多いと思います。

今になっても難しいと感じるのがお金に関することですが、若い頃にはお金で失敗してしまったこともたくさんありました。10万借りたいとかよくありました。

50万円借りました。理由は海外旅行です。

土地を売却する予定だったのでそのお金で友人と主人とわたしの3人で海外旅行のツアーに申し込んでいました。

一人分の旅行金額が23万円ほどで、土地は300万で売れるとあてにしていたのですが売れず、友人に迷惑をかけてしまうため仕方なく借金して旅行に行くことにしました。

旅行をキャンセルするかどうかで主人とだいぶん喧嘩しました。二人分の旅行代金、50万円を借りて、その月から返済が始まる事にびっくりしました。

もう20年以上も前の事。私は新入社員で、バス通勤をしていて、その日は大慌てで家を出て丁度バス停に着いたところのバスに飛び乗った。

揺られて数十分、降りようとしたら財布が...ない。当時のバス代は忘れもしない160円だった。

たかが鞄のどこかに、あるいはスーツのポケットにどこかに入っていないかと探したけれど、無い。どこにもない。『無賃乗車』という言葉が頭をよぎった。

私は現在32歳の主婦ですが、結婚したのはちょうど29歳の時でした。

その当時は契約社員として営業事務をしており、月の収入もまあまあある方でした。しかし、当時付き合っていた彼氏との間に子どもができてしまい、しかもつわりがとても重く会社を丸々二か月程休んでしまいました。

その間も、社会保険や年金は支払わなければならず、なくなく親からお金を借りて会社に支払っていました。

また、彼は独立して本格的に自営業を始めた頃でしたので、収入が安定せず全く収入のない月も何度かありました。しかも、彼の実家はアパート暮らしで決して裕福とは言えず、またアパートも狭くてとてもじゃありませんが、彼の実家にお世話になることはできませんでした。

自分は結婚をして、初めて住まいを構えたのは賃貸の小さなアパートでした。

随分前のことになりますが、当時のアパートは木造で隣の音が気になりまして、どんな音でもよく聞こえるので静かに休息をとるという雰囲気はなかったですね。

これがやはりいやだったのと、義母が訪ねてくれても身の置き場がないほど狭いアパートでしたから、何とか早くもう少しまともな住まいに移りたいと考えていました。

そこで、妻とも相談の上ですが将来のことを考えて、持家を購入することに決めました。こうなると今度はどこの場所にするかですが、昔は情報手段がなくほとほと困りました。